口の中にこんな歯の詰め物が入っていませんか?

ff 
もし、銀色でふちがシャープでなく黒ずんでいる歯の詰め物があったら、それはアマルガムかも知れません

アマルガムは、加工が容易で殺菌性に優れているため、虫歯の治療に多く使われてきた歯の詰め物の材料です。

このアマルガムは水銀を50%含む金属から出来ています

アマルガムは口腔内で容易に気化・蒸発し、全身に運ばれます。特に腎臓、肝臓、脳などに蓄積されます。

最近の歯科ではめったに使われなくなりましたが、今でも日本政府公認の歯科補填材料です。
(スウェーデン、イギリスでは使用禁止になりました)

アマルガムは簡単な刺激で蒸発します

水銀は25°を超えると沸騰します。
アマルガムは簡単な刺激で気化し、空気中にばらまかれます。

それを実際に見たのがこのビデオです。

歯科アマルガムを温めたり、消しゴムでこすったりすることで水銀蒸気が放出される様子が出ています。
これと同じ事が歯に埋め込まれたアマルガムでは起こっています。

コーヒーを飲んだり、咀嚼をすることで水銀が体内にばら撒かれているわけです。

実際、歯科のアマルガムが体内の水銀蓄積の大きな原因であることを示す研究は非常に多く存在します。

歯の治療で詰められたアマルガムからは、1日平均1-10μgの水銀が蒸散放出されています。
特に、アマルガムを詰めた初期、および、アマルガムを除去したときには、20-30μgの水銀が蒸散放出されるといわれています。

日本語字幕付き全編はこちら
http://orthomolecular.teachable.com/courses/amalgamremoval

アマルガムが原因で様々な病気が起きている

水銀は、人体に有害な重金属の中でも神経毒性の強い物質です。

末梢性ニューロパチー・視力、味覚、嗅覚の低下・易刺激性(ヒステリー)・うつ病・頭痛・アレルギー・喘息・原因不明の首肩腰および関節の痛み等を引き起こします。

特に、問題なのは脳神経、筋肉への影響です。

疲れやすい、集中力がでない、筋肉痛、胃腸障害、不眠など様々な症状を起こします。

米国では、アマルガム関連の訴訟が増えていますが、未だ政府の対応は十分とはいえません。

患者と歯科医師を守る必要があります

hra
アマルガムを保有する患者のみならず適切な防護をせず治療にあたる歯科医師も非常に危険な状態にあると考えられます。

調査によると米国の歯科医師の半数は慢性水銀中毒であるとの報告もあります。

多くの難病と言われる疾患に対して、積極的な水銀蓄積の検査と解毒治療が必要です。

また、アマルガムは処置の際に大量の水銀蒸気を放出するため、今までアマルガムを扱ってきた多くの歯科医師が水銀蓄積を起こしています。

我々は、水銀中毒が疑われる患者様、歯科医師に対しての水銀蓄積の検査およびデトックス治療を研究、エビデンスの蓄積に努めています。

アマルガムが起こす症状と病気はこちら

アマルガムに関する検査はこちら

安全なアマルガム除去はこちら

(Visited 15,693 times, 39 visits today)