水銀中毒の身体症状

あてはまるものが何個あるかチェックしてください

口腔内の症状

口がひりひりする
舌がざらざらする
唾液が出過ぎたり、口が渇いたりする
歯茎から血がにじむ
歯茎が紫色になる
舌が腫れぼったくなる
歯の周りの骨が痩せる
口臭がする
歯痛がする
顎の痛みがある
歯肉、口蓋、舌に潰瘍がある
白斑症がある
口蓋骨に滅失がみられる
歯が抜け落ちる
口内炎がある

腎臓と腸の障害

腎障害を疑う所見がある
大腸炎がある
便秘をする
下痢をする
腹部けいれん・下腹部痛
胃酸過多・胸焼け
胃の膨満感

神経障害

めまい
頭痛
疲労・けだるさ・体力消耗がある
眠気・ものうい状態になる
睡眠障害(不眠・悪夢など)がある
震え(手、足、唇、まぶた、舌)がする
体の各部に麻痺、しびれがある
手のひらと足の裏のピリピリする痛みがある
燃えるような感じ・うずくような感覚がある
手足の冷え、悪寒がある
慢性的な熱、体温の変動がみられる
味覚障害がある
嗅覚障害がある
発汗過多がある
頻尿である

筋肉と関節

腰痛がある
背中の痛み
首の痛み
肩の痛み
腹筋の痛み
足の痛み
ひざの痛み
手と指の痛み
筋肉が弱っている
筋肉の協調動作の不具合がある
歩行困難である
首を回すことが困難

心血管系、呼吸器系の症状

不整脈(頻脈、除脈など)がある
胸の圧迫感がある
血圧の変化が大きい
呼吸困難(喘息、咳)がある
肺気腫がある
呼吸が浅く、不規則

皮膚疾患

にきび
体の各部の肌荒れ
発疹
皮膚のかゆみ
皮膚炎

免疫、感染、アレルギー症状

風邪をひきやすい、なおりにくい
アレルギーがある
吐き気がする
副鼻腔炎があある
鼻炎がある
のどの痛みがある
リンパ節の腫れがある
浮腫(むくみ)がある

視覚、聴覚

目がかすむ
物が二重に見える
目の奥の圧迫感がある
目が渇く
目と筋肉の協調運動に障害がある
光、特に蛍光灯の光に過敏
耳鳴り
雑音が聞こえる

その他

食欲減退、体重減少
脱毛
月経異常
甲状腺疾患がある
電磁場に過敏である
(電磁波でアマルガムが腐食し、水銀の放出を高める)

心理症状

精神状態
うつ病、ふさぎ込みがち
自殺行為を思いめぐらす
気味悪いことがらを思いめぐらす
極度の恐怖心が起こる
悪い夢をよく見る
幻覚、妄想、錯覚がある

注意散漫と記憶障害、言語障害
注意散漫、集中力低下、知的活動(施行、読書、執筆)の継続、維持が困難
短期記憶障害、忘れっぽくなる
長期記憶障害
言語障害(適切な語が思いつかない、文が中途半端になったりする)

感情と人格

落ち着かす、神経質、いらいらする
不安になる
怒りっぽくなり、情緒不安定になる
内気になる
無気力になる
自信喪失する

これらの症状のうち、30個以上にチェックがついた方は水銀中毒を疑ったほうがよいでしょう。

スウェーデン水銀中毒患者協会、フロリダの安全歯科治療財団のガイドラインをまとめたものです。
出典「口の中に潜む恐怖」ダニースタインバーグ著

(Visited 924 times, 1 visits today)