ベン・リンチ博士からのメッセージ

1

MTHFR.net は、MTHFRの遺伝子変異に対する最先端の治療法を発信しているウェブサイトです。

MTHFRという言葉をお聞きになったことはありますか?
MTHFRとはメチレンテトラヒドロ葉酸還元酵素のことです。
同時に、その酵素を作り出すMTHFR遺伝子自体を指す場合もあります。

MTHFRに変異が生じると、遺伝子レベルで健康問題を脅かす様々な問題が生じてしまい、
肺血栓塞栓症(肺梗塞症)、依存症、中毒症状、線維筋痛症、流産、統合失調症、うつ、ガン、
自閉症などを引き起こしてしまいます。

MTHFR遺伝子変異が生じれば、ヒトが本来持つべき正常な代謝経路や体内動態を狂わすことになるのですが、
未だにその重要性が無視され続けられており、
この代謝経路についての正しい知識や治療スキルを持ち合わせている医師は米国は勿論、日本にも殆ど存在しません。

 

上記に挙げた病気は、一見するとそれぞれが異なる要因が引き起こしているように見えますが、
実はすべてが「MTHFR遺伝子変異」と密接な関わりを持つ可能性が高いのです。

・生後間もない赤ちゃんのMTHFR変異のスイッチをオフにできれば、そこには大きな希望が見えて
くるはずです

・精神症状や中毒症状、ガン、心血管系疾患による死を食い止められれば、その影響は絶大です

・MTHFR変異が確実に存在することを知り、一般的な薬を用いて変異箇所を特定できれば、その日
から患者の人生は劇的な変化を遂げるかもしれません

たった2万円程度の検査キットを行うことで、MTHFR変異がある場所を突き止めることができます。(150ドル)
自分の人生を幸せに導くためなら、これっぽっちも高い金額ではありません。

2

 

 

 

 

 

このウェブサイトを読み進めて頂くことで、どうして私がMTHFR遺伝子の研究に熱い情熱と想いを胸に取り組んできたのか、皆さまに十分お分かり頂けると思います。

医療関係者のみならず、一般の皆さまにもMTHFRの遺伝子変異が招く疾患について知って頂くこと
で、どのような検査が必要なのか、検査結果からどのような治療方針を打ちたてるべきなのか、
最終的に目指すべきゴールは何なのかが明確化されてくるはずです。

 

私が取り組まれる治療方法に共感して頂けたなら、是非下記のサイトも閲覧してみて下さい。

MTHFR.net や http://seekinghealth.org/でも情報公開してています。

主流医学からは異端とも扱われ続けてきたMTHFRの研究に身を捧げてこれらたのか、
その理由に納得して頂けると思います。

私はは病気を「治療」するのではなく、「防ぐ」ことをモットーに積極的な活動を行っています。

既に C677TやA1298Cに変異が1つ見つかったり、或いは、その両方に遺伝子変異がある方であっても
常に救いの手は差し伸べられます。

目の前に差し迫る症状が、どれだけ深刻で、当事者にしか分からないような苦しみであったとしても
遺伝子変異が生じている場所を突き止め、暗闇から抜け出す方法を患者と一緒に見いだせるよう奮闘しています。

逐次ウェブサイトでも最新情報を公開し、
一人でも多くの患者の方にこの治療法を知って頂きたく啓蒙・教育活動をしています。

私が確立したMTHFR遺伝子変異に関する知識をより多くの方々に知って貰いたいのです。
患者自身はもとより、それを支える家族や友人の人生がより素晴らしいものになるよう、

この治療法の一端を日本にも普及することができれば医師冥利に尽きます。

ベン・リンチ

さくっとわかるメチレーション講座

メチレーション基礎講座

メチレーションとニュートリジェノミクス講座

ベン・リンチ博士の音声講義の日本語書き起こし版
「メチレーション検査の読み方」「サプリをどの用量用いるべきか」などを収録

サブコンテンツ

このページの先頭へ