MTHFR ベン・リンチ博士 メチレーション基礎講座 日本語版

更なる治療効果を目指したメチレーション遺伝子多型の特定
【目次】
1. 本資料の目的
2. 講義内容
3. メチレーションとは何か?
4. メチレーションの重要な役割
5. メチレーションはどのように調整されるのか
6. メチレーションはどう阻害されるのか
7. メチル化異常により生じる疾患群
8. どうして疾患が蔓延しているのか
9. どう対処したら良いのか
10.検査でスクリーニングすべき遺伝子
11.MTHFR遺伝子変異があるかどうか調べる対象となり得る人
12.MTHER のSNPを最初に検査する理由 (SNP = 一塩基多型)
13.メチレーションSNP検査の対象となり得る患者のスクリーニング
14.MTHFR 677C>T対立遺伝子 地域・民族別 遺伝子型の発生頻度
15.MTHFR多型とその影響(677と1298)
16.MTHFR 677に影響を受ける様々な代謝経路
17.MTHFR 1298 が精神障害や中毒症状、症候群とどうリンクしているか
18.メチルフォレート(メチル葉酸塩)とBH4
19.1298とBH4の重要性
20.MTHFRは高ホモシステインよりも重要な指標
21.改善に向かわない場合に検討する追加検査一覧
22.MTHFR変異で良く見られる検査結果
23.ホモシステイン検査に際しての準備 – ホモシステインを正確に測定する
24.MTHFRで避けるべき薬剤一覧
25.MTHFRの一般的な薬物治療として使われてしまっているもの(使ってはいけない)
26.MTHFR薬に含有されているその他の物質
27.どの葉酸塩(メチルフォレート)を使ったら良いのか
28.MTHFRに本当に相応しいサプリメント/栄養素
29.MTHFRプロトコル開始に当たって
30.MTHFRプロトコル
31.メチルフォレート(葉酸塩)サプリや薬剤を開始した際に副作用が出ないか確認する
32.副作用が出たらどう対処すべきか
33.メチル葉酸を摂りすぎてはいけない理由
34.メチルフォレート、メチルコバラミンに耐性がなかったら?
35.やってはいけないことリスト
36.MTHFRで用いられる主な補助療法
37.おわり
—————————————————————————–

メチレーション回路におけるMTHFR遺伝子変異を重点に置いたエピジェネティクス治­療を提唱する ベン・リンチ博士によるメチレーション基礎講座の日本語版です。

オーソモレキュラー医学、栄養療法を実践する、医科歯科連携診療普及協会による内容監­修のもと、 医療関係者及び一般向けにメチレーションとニュートリジェノミクの最新情報­を提供します。

更なる治療効果を目指したメチレーション遺伝子多型の特定
ビデオの購入はこちらから
http://necfru.jp/video?id=3698

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ