医師、歯科医師のためのホームページ・医療広告セミナー

「医療広告ガイドライン」改正のについて

2013年09月27日に厚生労働省より、「医療広告ガイドライン」改正の通知がありました。
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/kokokukisei/dl/shishin.pdf

バナー広告やキーワード連動広告などとリンクする医療機関のホームページについては広告としての取り扱いを明確化するとのことです。

これまで、「医療機関ホームページガイドライン」(2012年9月28日発行)においては、バナー広告やキーワード連動広告などの広告と、そこからリンクしている医療機関ホームページの取扱いが明確でなかったのですが、今回、広告として明確化されたとのことです。


医療広告ガイドラインのセミナー開催について

我々は今後、法律、ガイドラインを遵守しながら、医科歯科連携診療の啓蒙をしていく必要があります。

ホームページに掲載して良い事項は、医療法、医療広告ガイドライン、医療機関ホームページガイドラインによってはっきり決まっています。

法律に違反した場合、ペナルティがあり、それはクリニックにとってはかなり過酷なものです。

協会では、このような状況を踏まえ、会員の先生方に法律のペナルティなどが課せられることが万が一にもない様、専門家をお呼びして、医療広告ガイドラインのセミナーを開催することにしました。

セミナーの内容は、今回のガイドライン改正のポイントについてと、今回、多くのホームページが広告扱いになっていることが推測されますから、改めて医療広告ガイドラインの内容についてです。

セミナーを通して、皆さまのクリニックの現在のホームページが広告扱いになっていないか、ぜひチェックしてください。

広告扱いになっている場合は、「医療広告ガイドライン」に従って、ホームページをチェックし直す必要があります。


以下にあてはまる先生は医療広告の知識が必要です。

[check]自分のクリニックのホームページが広告扱いなのかわからない

[check]広告に掲載して良い内容がいまいちわからない

[check]自費診療をやっている(栄養療法を今後取り入れる予定だ)

[check]自分の意図していない患者さんが多く来院する

[check]業者にホームページをまかせている

[check]ホームページに書いてあることに関しての問い合わせがある

[check]ホームページを活用することの意味がわからない



業者任せにしては危険です。

ほとんどの先生はホームページを外注したりして、自分では作っていないでしょうから、表現などに関しても業者に任せていらっしゃる所があるかもしれません。

しかし、注意してほしいのですが、上記に関しての法律、ガイドラインに精通しているホームページ業者はほとんどいません。
(ためしに聞いてみてください)

違反すると、今ではクリニック側と、製作業者の両方にペナルティが来る可能性があります。

一歩間違えれば命にも関わる情報を発信する医療関係のホームページは、依頼する側にも責任が求められるのです。


このセミナーに出席することで得られるもの

[check]栄養療法をどのように患者さんに訴求していくかがわかる

[check]クリニックのホームページやホームページ以外の媒体で出来ること、出来ないことが理解できる

[check]クリニックのホームページやホームページ以外の媒体が法律・ガイドラインに違反していないかがわかる

[check]違反した場合にどのようなペナルティがあるのか理解できる

[check]なぜ、ホームページ戦略が重要なのかがわかる

[check]自分の治療の信条を理解してくれる多くのよい患者さんに集まってもらう方法がわかる


医療広告の判断は非常に難解です

しかし、そうはいっても医療広告の判断は非常に難解です。

少なくとも医療法、薬事法、景表法に加えて、

  • 「医療広告ガイドライン」
  • 「医療機関HPガイドライン」
  • 日本美容医療協会「美容医療広告ガイドライン」
  • 日本歯科医師会「会員歯科診療所ホームページのガイドライン」

を把握しておかなくてはなりません。

業界広しといえども、これらの複雑な法規制を一元的に説明できる人は殆どいません。(本当に誰もいないそうです)

これも、いろいろな法律、ガイドラインが入り混じっていて非常にわかりにくくなっているからかもしれません。

しかし、だからといって、それが違反してよいという意味ではないのです。

ガイドラインが変更されたので、もう数ヶ月したら、これに対して違反しているクリニックにペナルティが課されることは十分ありえます。


医療広告の唯一であり、第一人者のセミナーです。

そこで、薬事法、医療法のスペシャリストで、多くの健康関連産業や病院などにアドバイスを行っている林田先生に医療広告セミナーをお願いしました。

林田先生は、薬事法コンサルタント会社「薬事法ドットコム」の特別顧問で、元弁護士、薬事法改正のための委員会元委員です。

http://www.yakujihou.com/

薬事法ドットコムは知る人ぞ知る、モンスター的なコンサルタント会社です。

例えば、あの「やずや」の売上を30億→470億にしています。

クリニックに対しても、以下のような実績をはじめ、500社以上のコンサルティングに関わっています。

ドクター1人で月商5千万円超。利益率48%
(福岡県 美容外科)

50万円の広告費で売上1,000万円UP!  
(秋田県 インプラント歯科)

今回、医科歯科連携診療普及協会のために特別セミナーを開いて頂くことになりました。

貴重な機会ですので、会員の皆様は万障お繰り合わせの上、是非ご参加頂けます様お願いいたします。

また、「ホームページの事、医療広告の事などいまいちわからない」という方のために、午前中、会長の宮澤が医療広告の基礎セミナーを行います。


期日

2014年2月2日(日) 10:30~16:30


会場

都内


参加資格

ご参加は医師、歯科医師および同クリニック内勤務のスタッフに限定させていただきます。


当日セミナーの内容

10:30~12:00

患者さんの反応がよいホームページの要素とは
クリニックのホームページに必要な要件

講師:  宮澤賢史

医科歯科連携診療普及協会 会長 
ドクタープロデュース株式会社  代表取締役
キーワードマーケティング研究所 認定パートナー
栄養療法を自ら実践する傍らで、栄養療法訴求のコンサルティングを行っている。


13:00~16:30 

医師、歯科医師に必要な医療広告の法律、ガイドライン徹底講座
「いかに法律を遵守しながら訴求効果の高いHPを作るのか」

特別講師:林田學武
東大法学部大学院卒
大学教授・弁護士を経てリーガルマーケティング研究財団 理事長
薬事法ドットコム特別顧問
平成14年度薬事法改正のための委員会委員
1995年から500社以上の薬事法・景表法に関するコンサル経験を持つスペシャリスト。


費用 

  • 協会員(受講料)
    ¥31,500
  • 医科歯科連携診療普及協会に入会し、受講される方
    ¥56,500(受講料+入会金+年会費)
  • 非学会員
    ¥63,000(受講料)
  • 医療スタッフ
    会員の先生が受講される場合、会員の先生一人につき、スタッフ1名様は¥10,500にて受講できます。

最後に

私は、他のクリニックの先生のアドバイスをしております関係上、林田先生のセミナーを聴講したことが何度かあります。

今回も、内容を確認した上で皆様にお勧めする事にしました。

はっきりいって、林田先生の医療法に関する知識はハンパでないです!!

この一日で、ホームページ、広告に関する疑問点が解消できると思います。

ぜひ、御自分のクリニックのホームページを全て印刷して、ご参加されることをお勧めします。


このセミナーは、会員の皆様に医療法を正しく理解し、それを遵守した医療広告のあり方についてご理解いただくためのものです。

医療法に違反する行為を勧めるものでは一切ありませんのでご注意ください。

法律を遵守し、栄養療法を正当な形で啓蒙することに興味がある先生方のご参加をお待ちしています。

info@ikashika.org
(月~金 9~17時、事務局 岸)