歯科アマルガムとアルツハイマーの相関関係

台湾での集団ベースの横断的研究より

台湾における2005-2010年の健康保険データベースから、国際疾病分類の基準に基づいて診断されたアルツハイマー患者65歳以下と死者をのぞいた207587人を調査した。

歯のアマルガム充填は、健康保険研究データベース内でコード化されており、それに基づき、アマルガム充填物に暴露されている患者とされていない患者でのアルツハイマー発症率を割り出した。

その結果、アマルガム暴露者は、非暴露者に比べて1.105倍危険性があった。

男女別にみると、男性は1.07倍、女性は1.132倍であり、特に女性では比率が高かった。

Alzheimers Res Ther. 2015 Nov 12;7(1):65. doi: 10.1186/s13195-015-0150-1.

(Visited 574 times, 1 visits today)