水銀中毒でよくある症状

hal
歯科アマルガムの害についての第一人者、ハルハギンス博士は、著書「本当に怖い歯の詰め物」の中で、水銀中毒で起こりやすい症状について以下のようにまとめています。

出現率症状
85.0%説明のつかない疲労感
73.3%説明のつかないいらつき
72.0%長期間のうつ
67.3%四肢のしびれ
64.5% 夜間頻尿
62.6%四肢の冷感(温かい日でも)
60.6%食後の腹部膨満感
58.0%記憶障害(物事が思い出せない)
55.5%突然怒りがこみ上げてくる
54.6%便秘
54.2%優柔不断

アマルガム除去によって改善する症状

(dental amalgam removal improves healthより )
数字は%

慢性疲労 74.5 うつ症状 74.3
筋肉痛、不快感 73.7 運動後の疲労感 72.4
集中力低下 72.1 体中の筋肉不快 70.2
胃腸障害 69.8 口内炎、口腔内不快感 69.5
不眠 67.8 手足の不快感 67.6
記憶障害 64.6 めまい 62.6
頭痛 62.0 思考障害 61.6
関節障害 61.3 風邪をひきやすい 60.7
過多の痛み 60.3 日光過敏 60.0
いらいら 59.6 寒気がする 57.9

(Visited 471 times, 1 visits today)